お、おじいやん……

『花子とアン』、朝ドラには珍しく毎日欠かさず観ていたんですが、
とうとうはなのおじいやんが亡くなってしまいました……
そりゃ昨日の放送で長くはないって言ってたし、
この流れではなが東京に行く切欠になる展開なのは分かるけどさぁ……!!

もう石橋蓮司さんの「そうさな」が聞けないなんて!
おじいやんは劇中沢山「そうさな」と言ってたのですが、
(アンのマシュウおじさんの「そうさのう」みたいに)
色んな「そうさな」があって大好きでした。

早すぎる、と思ったけど、この作品時間の流れがすごく速いからなぁ……
これからは家の事、おとうが頑張ってくれるといいんだけどね。
しっかりしろし。


サダさんに関しては物議を醸しているようですが、
ああいう女性、現実にもいますよね……(遠い目)
幸せでいたいなら会ったら逃げるんだ、目を合わさずにな。

花子とアン  

— posted by 羽月 at 09:25 am  

 

こころのつぶやき

『してない』んじゃなくて
『させちゃいけない』んだよ。

あなたも大人なら、同じ大人を困らせないで。



もしかしたら、いろんな人の周囲に当て嵌まる事も
あるんじゃないかなと思いまして
最近感じた事を、あえて主語を抜いて綴ってみました。

一方的に決めつけてない?
でも、それは本当は思っているカタチと違うものなのかも知れないよ。

— posted by 羽月 at 09:04 am  

アクションが上達する方法

えー、たまには『らっかみ!』のシナリオを楽しむ為に役立つ話を、という事で
今回はアクションが上達する方法をお送り致します。

アクションを上達させるには、なんといっても『沢山失敗する事』です。

……「えっ」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、
これがなかなか大事なプロセスなのです。
勿論、失敗したらそのままでは成長出来ません。
大切なのは、その失敗から何を学んで、次に活かす事が出来るかです。
リアクションで自分のしたい事が上手くいかなかったら、
そこに上達のチャンスが手つかずで転がっている可能性を、まず考えてみましょう。

何が問題で成功しなかったのか、どうすれば上手くいったか。
そう考えた事は、必ず次に似たような状況が巡って来た時に役立つ筈です。

良い事も悪い事も、経験になって蓄積されていくのは、現実と一緒です。

ただし、似たような状況であって以前と全く同じではない事には注意しましょう。
前に上手くいったからといって、全く同じ事をして上手くいくかは分かりません。
時期や細かな状況の違い、アクションを掛ける相手、
キャラクターさんがその物事に臨む状況、担当マスター……
よく見ると、一見同じように見えるものでも色んなものが違う筈です。


また、一番良くないのは振り返らない事です。
上手くいかなかったらといって誰かのせいにしたり、自分に言い訳したり、ごまかしたり。
確かに誰かのせい、他の要因のせいである可能性はいくらでもあります。
でも、自分には全く問題がないとハナから考えを固めてしまっていると、変化や成長は訪れません。
自分のアクションが原因でない時にも「こういう場合はこうしよう」という対応策が
生まれてくる可能性は大いにあるのに、目の前の事から何も学ぼうとしないのは
とっても勿体ないです。
この辺りも、現実の経験則と一緒ですね。

かのシトラス・ガムダンも「失敗は成長の母である」と……

え? シトラス・ガムダンじゃないって?



シトラス・ガムダン   アクション   今日の一曲  

— posted by 羽月 at 03:15 am  

ベジタブルの目覚め

最近、野菜を生で食べる……と申しますか、
野菜スティックが好きでやたら食べています。
家庭だとあんまり沢山の種類は用意出来ないので、
大根、人参、キュウリくらいですけどね。
あとは生野菜じゃないですが、元々好きなブロッコリー。
茹でたブロッコリーに、マヨネーズを付けて食べるのが好きなんですよ。
実は茎の部分も結構美味しい……。

味噌ベースのディップソースを作るのがちょっと楽しくなって、
アレを入れてみたり、コレを足してみたりと色々楽しんでいます。
大体鉄板な組み合わせが、基本味噌3:マヨネーズ6:蜂蜜1くらいの割合。
ネットで探してみたレシピだと砂糖だったところを蜂蜜に変えてみたら、
やっぱり味わいが違いました。
こういうのは、そのまま楽しむ時は大切ですね、特に。

個人的には、ちょっとピリッとした辛さが欲しい時は
豆板醤が合っている気がします。
粒マスタードも試してみたんですが、「ん? なんか違う気がする」って
なっちゃったので……
この辺は完全に好みの問題かも知れません。
後はダシ入りの醤油(以前お豆腐に掛けるとおいしいという触れ込みで
買ってしまったもの)を少し足したりして。
他には何を入れたら合うかなぁ、ゴマ?


そんでもって、前に生野菜食べていた時にも思った事があるのですが、
私、人参は生が一番好きかも……。
どうも加熱して出る人参の甘みがあまり得意じゃなくて、
特にバターでグラッセしたやつは
子供の頃から「甘すぎじゃね?」と思いながら食べていたのですよ。
……あれば食べるけどね!(笑)
その点生だとバランスが良い。自分的に。
逆に、タマネギは昔サラダに入っているような生のスライスが苦手だったんですが
(タルタルソースとか、みじん切りで和えてあると大丈夫)
気が付いたらフツーに食べてましたね。
なんであんなに苦手だったんだろうというくらい。

そういえば、子供の頃は苦みのある食品は毒を持っている可能性があるから
受け付けないけれど、大人になってくるうちに鈍ってくるんだという話を
聞いたような……。

耐性がついて食べても平気になるならともかく、鈍くなるって……

おとなになるってかなしいことなの……。



おとなになるってかなしいことなの   食の話   今日の一曲  

— posted by 羽月 at 09:51 pm  

 

言葉にならないこと

『鉄腕DASH』が好きで、毎週欠かさずと言っていい程見ているのですが
昨日、長く出演されてきた明雄さんの訃報を聞いて、かなりショックでした。

明雄さんは番組の企画『DASH村』で、TOKIOに農業など色々な事を指導していた方。
初期の頃から参加されていたと思うので、もう初出演から10年以上かな?
地震と原発の事があって、明雄さんも他の村での協力者の方々も
故郷の浪江町を離れなければならなくなって、
暫くはどうなさっているかも分からない状態に。
それでも、出張DASH村などでお元気な様子を拝見出来て、とても嬉しかったです。

奥さんに先立たれていた明雄さんは、避難先のマンションで一人暮らし。
同じマンションに入居した近所の方もいらしたようですが、
多くの人は散り散りに。
その時もうご高齢だったので、ひとりで大丈夫かなと心配になったのを覚えています。
でも、そのうち避難先の近くの畑を借りて作物を育てたり、
出張コーナーで登場するようになって、明雄さんの顔を見る度に
福島の事を思い出しました。
早く浪江町に帰れる日が来れば良いのにと。

長い時間が掛かるのは分かっていたし、無理かも知れないとは思っていました。
でも、それでも元気なまま帰って欲しかったよ。
「ご冥福をお祈りします」なんて言いたくない。
デマだったら良かったのに。

文章を書く仕事はそれなりにやってきた筈なのに、こういう時いつも
一番書きたい、表したい事はちっとも言葉になってくれない。

笑顔が素敵で、結構負けず嫌いで年の割に力持ちで、
やんちゃで可愛いところも沢山あった明雄さん。
メンバーにも福島の親父だと言われて慕われていた明雄さんが、
とてもとても好きでした。

あの畑、どうなるのかな。
彼の遺していったものを、なくして欲しくないな。
何も出来ないけれど、そう願います。

— posted by 羽月 at 05:48 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0154 sec.

らっかみ!公式サイト
prev
2014.6
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

@yukina_hazuki からのツイート
blogBar