[ カテゴリー » 日 記 » らっかみ!関係 ]

アクションが上達する方法

えー、たまには『らっかみ!』のシナリオを楽しむ為に役立つ話を、という事で
今回はアクションが上達する方法をお送り致します。

アクションを上達させるには、なんといっても『沢山失敗する事』です。

……「えっ」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、
これがなかなか大事なプロセスなのです。
勿論、失敗したらそのままでは成長出来ません。
大切なのは、その失敗から何を学んで、次に活かす事が出来るかです。
リアクションで自分のしたい事が上手くいかなかったら、
そこに上達のチャンスが手つかずで転がっている可能性を、まず考えてみましょう。

何が問題で成功しなかったのか、どうすれば上手くいったか。
そう考えた事は、必ず次に似たような状況が巡って来た時に役立つ筈です。

良い事も悪い事も、経験になって蓄積されていくのは、現実と一緒です。

ただし、似たような状況であって以前と全く同じではない事には注意しましょう。
前に上手くいったからといって、全く同じ事をして上手くいくかは分かりません。
時期や細かな状況の違い、アクションを掛ける相手、
キャラクターさんがその物事に臨む状況、担当マスター……
よく見ると、一見同じように見えるものでも色んなものが違う筈です。


また、一番良くないのは振り返らない事です。
上手くいかなかったらといって誰かのせいにしたり、自分に言い訳したり、ごまかしたり。
確かに誰かのせい、他の要因のせいである可能性はいくらでもあります。
でも、自分には全く問題がないとハナから考えを固めてしまっていると、変化や成長は訪れません。
自分のアクションが原因でない時にも「こういう場合はこうしよう」という対応策が
生まれてくる可能性は大いにあるのに、目の前の事から何も学ぼうとしないのは
とっても勿体ないです。
この辺りも、現実の経験則と一緒ですね。

かのシトラス・ガムダンも「失敗は成長の母である」と……

え? シトラス・ガムダンじゃないって?



シトラス・ガムダン   アクション   今日の一曲  

— posted by 羽月 at 03:15 am  

今日の一曲(シナリオイメージ編)

なにやら唐突に始まりました、今日の一曲。
今回は先日完結しました、キャットアイランドのセカンドフェイズEP1の
イメージにピッタリだな~と思った曲を、私の独断と偏見でご紹介致します。

そうそう、前々からEP1EP1と言っていたのでお気付きの方もいらっしゃると思いますが、
<CI@SP>のシリーズはEP2があります(という予定)
とはいえ、間にまったり単発シナリオが入る予定なので、シリーズとしては仕切り直して
今度は1話ずつオムニバスっぽいのんびりとした進行でやっていけたらなぁ、と思っています。
愛と哀と青春のジュヴナイルだよ全員集合! みたいな。
全然意味分からない。
とにかく、タイトなタイムスケジュールなシリーズは、状況が切迫してきたり
シリアスな展開になったらまたあるかも知れませんが、しばらくはまったりの予定です。


……脱線してしまいましたが、今日の一曲はこちら。

Orcaorca『cq』Link
PVがなかったので、直接Bandcampの丸ごと聴ける試聴ページに直行です。

待ちに待ったアルバム『Elephant』が届いて、執筆中ずっと聴いていたのですが、
『cq』というのは、無線の応答を求める呼び出し信号(大文字でCQ表記の方が多い?)
の事だとOrcaさんの全曲公開生放送でお聞きした後、
俄然ヴィジョンが鮮明になって「これしかない」という感じに。
何かが始まりそうな雰囲気と、シナリオ内で発されたふたつの呼び掛けが
すごく合っていると思うのですが、どうじゃろう(弱気)


呼び掛けといえば、ちょっとした裏話なのですが
ミントからの呼び掛けは、元々は5月(らっかみ!タイム)のシナリオの最後で
キャットアイランドにダイブした事のあるキャラクターさんが
夢の中で何かわからんけど呼び掛けられてる……えっ、お前もその夢見たの?
という演出になる筈でした。
……が、「それアカンねん」という事になって、その場はかなり悩んで
とりあえず直樹に別の夢を見て貰うシーンに差し替え、かーらーの
「これどうするかなぁ……」
 ↓
「そうだマヌカノイドたちが受信すればいいんじゃ!」
と閃いて、段々ややこしくなっていったのがアレです。

なんだか思い返すと「ああならなかったらこうなってなかった」
というのが多い気がしますが、シナリオってのは決してひとりで書いてるものじゃなく、
参加者さんや運営さんに大きく支えて頂いて成立しているんだなぁと
しみじみ感じる出来事でした。


よし、綺麗にまとめた。(多分)

cq   Elephant   Orcaorca   今日の一曲   シナリオ   キャットアイランド  

— posted by 羽月 at 10:45 pm  

マスタリング中です。

バーを楽しむシナリオ『Summer night pleasur』、
アクションを頂き、現在マスタリング&プロット作成に入っています。
ずっとやりたかったシナリオなので、楽しんで頂けるよう執筆させて頂きます~。

らっかみ!はやはり、どちらかというと学生向けのシナリオが多く
社会人向けのシナリオの需要も結構多い印象がありますので
しょっちゅうというのは難しいですが、時々はこういう大人っぽい雰囲気のシナリオも
リリースしていけたらな……と思っています。

お酒関連だと、ツイッターでも呟いたのですが場末の酔いどれだらけの居酒屋とか、
ガード下にぽつんとあるおでん(ラーメン)屋台みたいなのとか……
そういうテーマも扱ってみたいなぁと。
でもおでん屋台はらっかみ!タイムで涼しくなってからかなぁ。
コンビニだと意外と夏でも売れるらしいですが。おでん。

おでん   シナリオ   らっかみ!  

— posted by 羽月 at 05:18 am  

リアクション公開(CI@SP:1-3)

<CI@SP>ふたつのミドリのゆくえLink

昨日、無事に公開されました。
これでキャットアイランドでの初のシリーズシナリオは完結です。
進行自体は大体予定通りだったのですが、
その中で色々と予想外な方向に転がっていった部分もあって
私から見ても様々な面白さが詰まった物語になったんじゃないかな……と思います。

次のキャットアイランドのシナリオは、夏休みスペシャルっぽい単発で
『夏だ! 海だ! でもクーラーの効いたお部屋でキャットアイランドの夏もいいかもね』
みたいな感じになると思います。

++++++++++

以前からご覧下さっている方には「おっ」と思われたと思うのですが、
今回のシリーズは『詳しくはウェブでね♪Link 』の時に登場した展開や
頂いたアクションなどを元に発展させた要素が盛り込まれています。
人形が大暴れする展開も、当初は単純にキャットアイランドでマヌカノイドが暴走して
キーワードの入った歌で沈静化するというアイデアのままいく予定だったので
これを活かそうと思った頃は、まさか現実サイドで運用する事になるとは思っていませんでした。

アーティについても『詳しくは~』の頃には全く考えておらず、
マスターとしての活動に間が空いている時に色々と考え直して
「マヌカノイドが主軸になるならマヌカノイドのキャラがいた方が良いよな」という事で、
導入の為のガイド要員として誕生したのでした。
なので、今の展開のシリーズを構想しなければ彼女は生まれずにお話が進行していったのでしょうね。
その他にも、アクションによってお店から引っ張り出されなければ
今よりも空気キャラでしたでしょうし、性格も当初の予想と全然違う感じに成長したりと
彼女のことひとつでもなかなか面白い流れを傍から観察する事に(笑)
その辺の裏話は、また別の機会にでも。

++++++++++

そして、ミントとその周辺の事。
ミントの存在はキャットアイランドを考えた時からずっと構想にあって、
シナリオで名前が決まるまでは『CI子(キャットアイランド子)』と呼ばれていました。
(イラストをお願いする時もこの表記だったと……!)
実は、名前を参加者さんに決めて頂けなかった時はミドリという名前にしようかと思っていたので、
複数の方にミドリや緑ちゃんと呼ばれて「やべっ」と思ったのはここだけの話で(笑)
あの名前に至ったのは、アイスの話題が出る事になって
「色んな種類のものが並べられていて『どれが良い?』って聞かれたら
 『ぜんぶ!』って即答するキャラだよな……」
というのがすぐに思い浮かんだのが大きかったです。
……こういう、アクションのさり気ない部分が意外と影響してくる事もあったりして。

ミントの能力については、ずっとシリーズや同じ舞台が続くシナリオって
段々参加者さんが固定されて新しい方が入り難い状況になりがちなのが気になっていて、
じゃあどの段階からでも興味があったら気軽に入れるだろうと悩んで出した答えのひとつです。
何か事件っぽいものが起きていても、その回から飛び込んで普通に日常パートを
楽しんでいるだけでも、あまり状況を把握出来ていなくてもシナリオの役に立っている
という実感があったら自分なら嬉しいですし、気後れする気持ちも和らぐかな、と。
キャットアイランドはどのタイミングからでも新しく参加して頂いてもOK、大歓迎!
な雰囲気を出していきたいな~と思っています。
メインストーリーの最終回でも
「あっちで戦ってるけど、それはそれとしてカップルは街でデートしててよ! それも力になるから!」
みたいなノリでいきたいなーと。



長すぎたので、蛇足はしまっておきます。
もっと読む»

一応、ミントはキャットアイランドのメインストーリー上参加キャラクターさんを
『主人公』として見たところのヒロインに当たる立ち位置
(別の視点でいえば、ヒロインって参加している女性キャラクターさんなんですけれどね)
のキャラではあるんですが、まあ普段はそんなに意識するモノでもないかなぁと。
主人公として活躍する人物に対するヒロインという位置付けなら、大体出てくるNPCはこれか
助っ人か巻き込まれてるキャラくらいの位置付けの分類ですし。
そういう観点から見ると、キャラクターさんが神田ちゃんを助けたいと思って動いていれば
神田ちゃんもヒロインですね(笑)

++++++++++

でもNPCって、キャラクターさんにとってはアクションを掛ける対象になり得る要素であると共に
小道具だったり背景だったり被害者だったりと……
とにかく、キャラクターさんの活躍を際立たせる為の存在でもあるので、
キャラクターさん自身はどういう思いや考えであっても、
プレイヤーさんは「上手くNPCを使って自分のキャラクターを輝かせられないだろうか?」という事を
頭の隅に置いておくと良いかも知れないですね。
何度も言っている気がしますが、主人公はそれぞれのキャラクターさんです。
でも、NPCも考えや感情があったりするので、どうしてもやらなきゃならない事はやらないと……
ってなってしまいますから、なんかNPCがしゃしゃり出てきてるなーという時には
「ここでこう動いたら活躍のチャンスだったんじゃないか?」という事も考えて、
今後に活かして頂けると良いかも知れません。
どうしても外せない部分以外は、キャラクターさんが動いた方が良い結果になる場合の方が多いのです。

マスター的にはNPCを動かすより、キャラクターさんがそこにある材料を思いっきり使って
活躍しているところを描く方が嬉しいですし、ワクワクするものなのです。
逆パターンになってしまうと「ああ、これは状況の設定や情報の出し方悪かったかな」なんて
しょんぼり反省モードになってしまう事も……。
マスターも人間ですから、学ばなければならないところはしっかり次に活かしていきたいと
思っています。

リアクション公開   シナリオ   キャットアイランド   らっかみ!  

— posted by 羽月 at 09:18 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0147 sec.

らっかみ!公式サイト
prev
2017.9
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

@yukina_hazuki からのツイート
blogBar