[ カテゴリー » 日 記 » 雑記・日々の事 ]

お、おじいやん……

『花子とアン』、朝ドラには珍しく毎日欠かさず観ていたんですが、
とうとうはなのおじいやんが亡くなってしまいました……
そりゃ昨日の放送で長くはないって言ってたし、
この流れではなが東京に行く切欠になる展開なのは分かるけどさぁ……!!

もう石橋蓮司さんの「そうさな」が聞けないなんて!
おじいやんは劇中沢山「そうさな」と言ってたのですが、
(アンのマシュウおじさんの「そうさのう」みたいに)
色んな「そうさな」があって大好きでした。

早すぎる、と思ったけど、この作品時間の流れがすごく速いからなぁ……
これからは家の事、おとうが頑張ってくれるといいんだけどね。
しっかりしろし。


サダさんに関しては物議を醸しているようですが、
ああいう女性、現実にもいますよね……(遠い目)
幸せでいたいなら会ったら逃げるんだ、目を合わさずにな。

花子とアン  

— posted by 羽月 at 09:25 am  

言葉にならないこと

『鉄腕DASH』が好きで、毎週欠かさずと言っていい程見ているのですが
昨日、長く出演されてきた明雄さんの訃報を聞いて、かなりショックでした。

明雄さんは番組の企画『DASH村』で、TOKIOに農業など色々な事を指導していた方。
初期の頃から参加されていたと思うので、もう初出演から10年以上かな?
地震と原発の事があって、明雄さんも他の村での協力者の方々も
故郷の浪江町を離れなければならなくなって、
暫くはどうなさっているかも分からない状態に。
それでも、出張DASH村などでお元気な様子を拝見出来て、とても嬉しかったです。

奥さんに先立たれていた明雄さんは、避難先のマンションで一人暮らし。
同じマンションに入居した近所の方もいらしたようですが、
多くの人は散り散りに。
その時もうご高齢だったので、ひとりで大丈夫かなと心配になったのを覚えています。
でも、そのうち避難先の近くの畑を借りて作物を育てたり、
出張コーナーで登場するようになって、明雄さんの顔を見る度に
福島の事を思い出しました。
早く浪江町に帰れる日が来れば良いのにと。

長い時間が掛かるのは分かっていたし、無理かも知れないとは思っていました。
でも、それでも元気なまま帰って欲しかったよ。
「ご冥福をお祈りします」なんて言いたくない。
デマだったら良かったのに。

文章を書く仕事はそれなりにやってきた筈なのに、こういう時いつも
一番書きたい、表したい事はちっとも言葉になってくれない。

笑顔が素敵で、結構負けず嫌いで年の割に力持ちで、
やんちゃで可愛いところも沢山あった明雄さん。
メンバーにも福島の親父だと言われて慕われていた明雄さんが、
とてもとても好きでした。

あの畑、どうなるのかな。
彼の遺していったものを、なくして欲しくないな。
何も出来ないけれど、そう願います。

— posted by 羽月 at 05:48 am  

いつかは終わるから

今回は人が亡くなった時の話や、死について書いている内容なので
全体的に畳んでいます。
精神的に影響を受けてしまう・メンタルが弱っている方は
心が強く持てるようになる時まで閲覧をお待ち下さいませ。

もっと読む»

シリーズのひとつが完結するまでは伏せておこうと思っていたのですが、
丁度5月末に親戚の方も合同での納骨が無事に終わったそうなので……
どの頃、とはちょっと暈しますが、
CI@SP:EP1を運営中に、父方の祖父が亡くなりました。
私にとっては去年末から今年の始めはかなりしんどい時期で、
やっと良い方に向いてきたな……と思った矢先の出来事でした。
元々遠方に住んでいて、最近具合が悪くなった為
(私にとっての)実家に身を寄せていたのですが、
祖父自身の誕生日を前にしての事で。

母から一報を聞いた時には
「ああ、ダメだったかぁ……」
とまず最初に思ったような覚えがあります。
こちらには祖父の知人も近しい人もいないからと、
葬儀は家族葬で執り行う事になりました。
葬儀屋さんも母の知人のところで……と、何処までもコンパクトで
やるべき事が少なかったので、私はお別れと火葬場へ付き添うくらいでしたが
少人数で静かに見送るのも悪くはないのかも、となんとなく感じました。
お葬式は何度あっても慣れないものですが、
その人がいなくなったという実感が追いつかないのが一番キツイかもな……と。
大抵そういうのは後からドッとくるので、
火葬直前で最後に顔を見た時に父や弟までも泣いているのを
妙に冷静に見ちゃったりして、なんだろうな……本当、妙な感じ。
弟は特に、ひとりで長い休みの時に遊びに行っていたりして
祖父とは仲が良かったから、余計に悲しかったろうなと思いましたね。
お嫁さんも泣いてた。
色々気を回してくれて、素敵な人です。
住んでいるところが離れているからそうそう会えないけれど、
末永く二人で仲良く暮らしてくれたらと思うのです。
母は肝っ玉母ちゃんなので、泣いてはいなかったようですが……
介護とかで大変だった分、ほっとしているというか脱力していたところは
あるんじゃないかなと思いました。

昔は良い人でも、何も分からなくなって豹変した様子を見ると辛いですよね……
長く生きられるようになった分、人の終末は細く細くぼやけるように
なってしまったのかと。
人の尊厳ってなんだろう?
私は自分が誰だか分からなくなってまで生きていたくはないし、
そんなに苦しまずに済むうちに終わりを迎えたいなと思うのですが
どうなんでしょうね。
でも、ある程度生きてきて感じるのは、そこまで長く生きられる保証なんて
何処にもないんだって事。
同じように明日が来るとは限らない、明日突然死ぬかも知れない。
生き物として生まれた以上、いつかは絶対に死ぬ。
100%、唯一揺るぎなく決まっている事。

だから、私は去年自分の人生にひとつ区切りを付けました。
あと30年、どんなに小さな目標でも良いから少しずつ達成していって、
いまわの際に振り返った時恥ずかしくないような人生にしようと。
30年経っても元気だったら、そのまま生きますけど
人間50年って言いますしね。
ロスタイムを充実した気持ちで生きられるかどうかは、
そこまでの道程に懸っているでしょう。
面白いもので、区切りをつけるとなんだか時間が足りないような
気がしてくるんです。
30年、日に換算したら何日とか、何分とか……
沢山あるようでいて、全然足りない気がするので
相変わらずちょっとダメなところのある自分でも、
今出来る事をしなきゃと思えるようになってきた……かな?

自分は幸せだと思います。
足許も見えない真っ暗な時に、なんとしてでもこの世に残していきたいものが
見付かったから。
世界の中心は自分じゃないけれど、自分の世界の中心には自分がいないと
軸がブレブレで生き苦しいという事にも気付けた。
本当ね、世の中の生きる事の苦しみの多くはこれなのかもって思いましたね。
自分の軸を置く場所間違ってたら、そりゃあ上手く回れずに
自分で自分を振り回し続けちゃう訳ですから。
今辛い思いをしている人に話して伝わるかは分からないけれど、
何かにつけて祈っておこうと思っています。
あなたを一番近くで見て、一番大切に出来るのは、あなた自身しかいないんだよ。
本当の意味で何が大切か分かれば、或いは探そうとするなら、
答えはきっと自分の中から出てくる筈です。



そんな訳で(?)唐突に今日の一曲。

strawberry recordの事は本当に最近知ったのですが、
初めて聴いたのがこの『pulse』で大分衝撃を受け
改めて自分は死ぬ時どんな心境でいるだろうな……
と思いました。

惜しむらくは解散した後じゃなくて、リアルタイムに聴きたかったなぁ。
今動画サイトとかで聴ける曲を追っていくと、ますますそう思えてなりません。
でも、世の中はタイミングも大切ですからね……。
最近出逢ったのも、意味があるんだろうなと思っています。

今日の一曲   真面目な話  

— posted by 羽月 at 09:43 pm  

おNewのパソコン

いろいろあったけど、私は元気です。


5/1に今まで使っていたノートパソコンが壊れてしまい、どうなる事かと思いましたが新しいパソコンにも少しずつ慣れながらリアクションを執筆中です。
それにしても、我ながら壊れた時の行動早かったな……

パソコンさん停止

サポートに電話

数十分待たされているうちに覚悟を決める

サポートのお姉さん「残念ですが……(ご臨終モード)」
ひよこ「よし、ネカフェ行って新しいパソコン買おう! ヒャホーイ」

この時点で朝9時前。


こういう時のフットワークの軽さだけは、褒めて貰いたいね!(笑)
GWには結構遊んで充電出来たので、張り切ってお仕事するぞするぞするぞー。

ノートの方ももしかしたらデータ復旧出来るかも知れませんが、ちょっと後回し。

おNew   壊れた   パソコン  

— posted by 羽月 at 07:42 am  

テスト

おはようございます。
とりあえず設置してみたので、記事投稿テスト。


簡単に設置出来た割に、色々な機能があって書き易そうなので
特に問題がなければこれを使おうかと思っています。

もっと読む»

折り畳みも出来るみたいですね。



:):((QQ)

— posted by 羽月 at 07:30 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0934 sec.

らっかみ!公式サイト
prev
2017.11
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

@yukina_hazuki からのツイート
blogBar